仕事内容について

足場

私たちの街を見渡すと、ビルやマンション、病院、ホテル、学校などの建物のほか、高速道路、橋などの建造物があります。
これらの建造物が完成したときには姿は見えませんが、でき上がるまでには、縁の下の力持ちである”仮設”というものが存在します。
この仮設を使って完成させる建造物を”本設”といいます。建設工事中に使用する仮設は、工事が終われば必ず片付けられます。ですから”仮設”というわけですが、これがなければ工事は出来ません。

一日の流れ

当然の事ですが、同じ形をした現場は2つとありません。

全てオンリーワンの足場工事ですので、その現場毎の況に応じた高い技術力と応用力が必要となってきます。

お客様との打合わせで決めた工期を遵守するため、現場の方々との緻密なコミュニケーションのもとで無理のないスケジュール管理を行い、安全かつ迅速な施工で仮設足場工事を施工いたします。

常に工期最終日を念頭に置いて施工することで、施工主様に工期の尊守をお約束します。

足場組立

施工当日は、職長を含む工事スタッフが施主様と近隣の方に挨拶をしてから、足場組立て工事に入ります。

打ち合わせしてきた内容をスタッフ一同で確認し、安全確認のチェックを行った上で仮設足場工事の作業を行います。

決められた工期で作業が完了するように、徹底したスケジュール管理のもと作業を進めてまいります。

次へ

工事完了

工事完了後、仮設足場をご確認いただき、特に問題がなければ仮設足場工事は終了です。

急な足場の付け替え作業にも対応いたしておりますので、その際は現場にてお気軽にご相談ください。

次へ

足場解体・撤去・清掃

工事完了後に、仮設足場の撤去にうかがいます。

最後まで徹底した安全確認を行い、現場周辺の掃除や後片付けはもちろん、近隣の方へのご挨拶を行い、撤去作業の終了となります。

次へ

事故の無い作業現場の構築を支えています。

足場の上から人が落ちて発生する事故は、足場自体に原因や問題があるために発生してしまう、「防げる事故」なのです。

どんなに綺麗な足場でも、使い方や点検方法を間違ってしまえば100%の安全を確保する事が出来ません。

組みあがった仮設足場の細部にわたるまで漏れの無い正しい点検を行い、足場の上で作業する人が安心して作業に集中できる様に、事故の無い作業現場の構築を支えています。